男性だって脱毛したい・男性専用脱毛サロンとは

脱毛と云えば女性、というイメージが根強いようですが、実は男性だって悩んでいる、いやむしろ男性の方がもしかしたら毛の悩みは色々と深いと云って良いかもしれません。少し前までは薄毛に悩む男性が主流でした。毛深い男性は男らしい、野生的などの言葉に助けられ、あたかもハードロッカーの如く見せることでもアイデンティティーを保っていました。

しかし時代は移り変わり、男性といえばイケメン、イケメンと云えば草食男子と云う言葉に代表されるように、中性的な面差しを持った肌の綺麗な男性が世の中の女性にもてはやされるようになり、それに伴って男性が毛深いことへのマイナスイメージが徐々に構築されるようになったのです。こうなると男性も女性に嫌われるのはイヤだとばかり必死に自己処理などするのですが、女性と違って処理面積が広いし密度も濃いので上手くいきません。同性の友人にも相談しずらいし・・・しかし今やそんな悩める男性の強い味方となってくれるのが男性専用の脱毛サロンなのです。男性専用ということでスタッフも男性を揃えており、美容サロンへの男性ならではの入りづらさに配慮してくれます。女性に混じって施術を受けるのは抵抗があるという人も専用サ

ロンなら周囲も同じ悩みの男性ばかりです。もっともお悩みばかりではなく、たとえばヒゲの施術などは好きな形にデザインして不要部分だけを処置するという男性のカッコよさや身だしなみを追求できるコースもあるのです。毛深い悩みがおしゃれへの探究心へとスイッチすることで、サロンへ通うことが楽しくなったという男性も多いようです。施術は全身どの部分でも可能で、しかもツルツルが希望で無い場合は自然に見える減毛処置もしてくれるのだとか。カウンセリングも無料な上にアフターケアも万全で、しかも女性とは毛質の違う男性の為の配慮も充実しているとなれば、これまで毛深いことに悩んでいた男性にはまさに天啓です。それほどまでは悩んでない、と云う人でも気軽にヒゲの施術を受けてハマった、というパターンが多いそうです。

それまで漫然としていた朝のお手入れから解放されて初めて良さに気が付いたということなんですね。毛深い人もそうでない人も、新しい自分に目覚めてみたい人はこの機会に是非男性専用脱毛サロンをお試しになっては如何でしょうか。

ミュゼ博多店|WEB予約と店舗案内はコチラ!

自宅での脱毛法と注意点

一番最初の脱毛法として選ばれることの多い毛抜きは、顔の産毛取りや脇の下の処理、ひざ下の目立つ毛の除去に最適です。

一本ずつ目視で確認しながら抜きますので集中力が要りますが、とりあえず気になる部分だけ2〜3本抜いたり、露出する部分だけ処理することも可能です。太くて丈夫な無駄毛を引き抜く時はそれほどコツが要りませんが、細くて柔らかい無駄毛を引き抜く時は少し工夫が必要です。大事なのはスピードと引き抜く向き、つかむ位置です。まずスピードですが、遅過ぎると途中で切れてしまいます。埋没毛の原因になってしまったこともあるので、これは一番守らなければならない注意事項です。引き抜く向きに気を使うのは、痛みを軽減するためです。毛の流れに沿う形と逆らう形の両方を試してみましたが、毛の流れに沿って引き抜いた方が痛みが少なく、毛穴にも負担が掛かりませんでした。つかむ位置は、スピードと同じで途中で切れてしまうのを防ぐために気を付けます。根元の方で抜くと切れないのは、毛先よりも太くてしっかりとしているからです。試しに細い無駄毛の根元をつかんで引き抜いてみた時は、途中で切れてしまったこともあります。毛抜きは手軽で便利ですが、急いでいる時には間に合いません。数分しか時間がない時に利用できる方法はないかと考えた時に目についたのが脱毛テープでした。

使い方は簡単で、貼って剥がすだけという非常にシンプルなものです。一度に大量の無駄毛を抜きますので、やはり痛みはやや強いのですが、両足程度なら数分で綺麗にできますので急に処理が必要になった時にとても便利です。

テープを剥がした後は皮膚がヒリヒリとしたり、赤みが見られることもあります。そのような異変が見られたら、すぐに冷やした化粧水をパッティングしておけば、翌日には治まります。
処理に掛かる時間は短く、効果は他の方法と変わりません。しかも、テープ自体も高いものではないため、自宅用の脱毛グッズとしてはかなり優秀です。