髪の脱毛の意外な原因

皆さんの中で、髪の毛の脱毛に悩まれている人はいますか。髪の毛がぬける原因は、日ごろのストレスや食生活などいろいろな原因が考えられます。けれども、日常何気なくやっている行為が、脱毛を助長する原因になっていたりします。例えば、髪の毛の脱毛で悩まれている方の中で、シャンプーが残り少なくなってきたら、水を足して使ったりしていませんか。

底の方のものが出にくかったり、シャンプーを3倍に薄めて使うと地球環境保護につながる、そのまま使うと濃いから、水で薄めてから使わないと頭皮に悪いと考えて水で薄める人が多いものです。けれども、水で薄めるという行為は、実は頭皮に悪影響を与えることになります。なぜなら、水で薄めて翌日以降使うと、シャンプーの防腐効果が薄まり雑菌だらけになったシャンプーで頭を洗うことになるからです。このような雑菌が繁殖したシャンプーを使い続けると、感染症を起こす確率が上がります。結果として、毛母細胞の活動が阻害されたりするために、健康な髪の毛を維持できなくなる可能性があります。とは言え、髪の抜け毛で悩んでいる人にとっては、シャンプーを原液のままで使用することはシャンプー剤が頭皮の油分を取り過ぎてしまい良くないことです。そこでおすすめのシャンプーの方法は、使うときに水でシャンプーを薄めることです。水で薄めて使うのは、その日の1回だけにするのならば、雑菌の繁殖も問題なし、ということです。シャンプーの市販品は洗浄力が強いので、薄めて洗っても十分洗浄力は保つことができます。 やり方は、洗面器で10倍程度に薄めてから、よく泡立てて髪に塗布して洗うのです。

ポイントは、洗うときに時間をかけると髪を傷めるので、素早く30秒程度で洗い終わるといいです。シャンプーは髪に付いている汚れを瞬間的に落とすので、時間をかける必要は無いです。髪の抜け毛に悩まれている人は、上記のことを参考にして髪を洗うようにしてください。